小山用水・野木幹線

楢木の水神社 思川の堤防のすぐ下に鎮座している


 
古くから川との結びつきの深かった学区内には、「水神」を祀った神社も見られる。
乙女下川岸の「水神社」の境内には、明治33年(1900年)に奉納された明神型の石鳥居、寛政10年(1798年)に奉納された手水石がある。また、楢木の「水神社」の境内には、大正13年(1924年)に奉納された神明型の石鳥居、明治25年(1892年)に奉納された手水石がある。さらに、生良の「水神社」の境内には、大正4年(1915年)に奉納された神明型の石鳥居、明治20年(1887年)に奉納された手水石がある。
 

下川岸の水神社 すぐ横に思川の堤防がある

生良の水神社 かつては、神社のすぐ近くまで
思川が流れていたが、明治時代末からの河川
改修の結果、現在は離れている。