小山用水・野木幹線

納屋の軒下につるされた揚舟(舟)


 
 洪水対策として、低湿地に暮らす人々の生活の知恵として、土盛りして母屋や納屋の土台を高くした「水塚」(水屋)や、避難する際に使う「揚舟」などが知られている。
 河川改修や治水対策により、昔のような洪水の心配が少なくなったとはいえ、地域に住む人々の暮らしの中には、残っている。正確な悉皆調査はされていないが、平成11年度に、下生井小学校の家庭教育学級OGで構成する「サークルわかば」によって、下生井地区(上生井・下生井・東生井・白鳥)を対象に調査したところ、揚舟45艘、水塚36基が確認されている。(サークルわかば「なまいのくらし あの日あの時」:2000年3月)
 家の新築・改築工事の際に、高低差があり屋敷内の通行に不便な水塚は壊されることもあり、軒先に吊られた揚舟も用途がなくなり廃棄されたりして、現在は、その数がもっと減少しているものと思われる。

水塚(水屋)

水塚(水屋)