小山用水・野木幹線

乙女大橋
 小山市を南北に流れる思川には、いくつもの立派な橋が架けられているが、戦前は観晃橋だけが永久橋であった。昭和30年、市内で2番目の永久橋として竣工したのが、現在の乙女大橋である。当時としては、木造や増水すると水に潜ってしまう欄干の低い橋が主流だった時代だけに画期的なことであった。その後、昭和40年代になって小山大橋、昭和50年代以降黒本橋、島田橋、網戸大橋と次々に永久橋に架け替えられていった。