思川の治水対策

渡良瀬遊水地

水防倉庫(下生井)

 足尾鉱毒事件と治水問題で田中正造が活躍していた明治44年(1911年)、政府は、利根川一帯の改修工事に着手し、大正12年(1923年)に思川の堤防工事が竣工し、それまで蛇行していた思川も今日のような直線的な流路に変わった。
 市内の小学校3・4年生向けの社会科副読本「明るく豊かな小山市」には、治水対策に尽力した須田治衛門と中野忠衛門のことが描かれている。

高い堤防(網戸地内)

改修前の思川の流路跡(楢木地内)

改修前の思川の流路跡に造られた小山南工業団地

乙女大橋近くの観測所

カスリーン台風決潰口の碑(下生井桜づつみ)

旧思川(下生井地内)