鉄道の開通

鉄道の開通と間々田駅

 明治18年(1885年)7月16日、日本鉄道の大宮〜宇都宮間が開業したが、このとき古河駅と小山駅の間には途中駅はなく、その後明治27年(1894年)4月1日に、間々田駅が開業した。当初、大字間々田地内(役場付近)に駅が開設される予定であったが、乙女河岸で回漕問屋を経営していた小川善兵衛氏が2haの土地を寄付したため、約1km南方の大字乙女地内(現在地)に設置された。
 昭和33年(1958年)4月には、上野〜宇都宮間の電化が完成した。駅付近の土地区画整理事業の進捗に伴い、昭和54年(1979年)には、駅舎も橋上駅に建て替えられた。数年前まで、下り線のホーム脇に、明治時代につくられたレンガ造りの危険品庫が残っていたが、現在は、撤去されている。

 参考文献:「郷土の人々(栃木・小山・真岡の巻)」(1972年 下野新聞社)
      「日本国有鉄道 停車場一覧」(1985年 日本交通公社)