小学校の開校

現在の網戸小学校

 明治5年(1872年)、学制が公布され、満6歳以上の男女がすべて小学校教育を受けることが定められたため、全国各地に小学校がつくられた。現在の乙女中学校の学区では、明治6年(1873年)に、下生井小学校の前身にあたる「扶桑館」、網戸小学校の前身にあたる「網戸学校」がそれぞれ開校した。また、乙女地区の子どもたちは、昭和50年(1975年)に、乙女小学校が開校するまでは、長い間、明治6年開校の間々田小学校に通っていた。

現在の下生井小学校

乙女小学校