鎌倉街道

参考:神奈川県横浜市内の鎌倉街道(平成23年2月19日撮影)

鎌倉街道(奥大道)
御家人たちが領地と鎌倉とを行き来する際に、連絡路として使用した中世の古道。小山市内では、埼玉県東部から古河、野木を経て、乙女地区、間々田地区を北上するルート(奥大道)と、茨城県西部から大谷地区、城南地区を経て市内に至るルートが推定されている。
 このうち、奥大道は、野木町友沼から乙女寒沢の八幡宮東側を通り、市立博物館から段丘上を間々田八幡宮、千駄塚、安房神社、鷲城等を結んで市内に向かっている。寒沢〜市立博物館の間の具体的なルートは不明だが、市立博物館から城山公園までは「歴史の道」として案内板等が整備されている。

安房神社境内にある「歴史の道」道標     往時の面影が残る安房神社から鷲城・神鳥谷へと続く道

安房神社
(延喜式内社の一つ)

乙女・寒沢の若宮八幡宮
(手前は現在の国道4号線)