一般県道南小林松原線下生井歩道橋から城跡を遠望

城跡から北方のようす・・・右側の低地が旧思川

城跡から県道に一般県道南小林松原線に出る道路
小 谷 城

 鎌倉時代、下野国の守護として、幕府の有力御家人であった小山一族の繁栄とともに、学区内にも思川沿いの地形を利用して、一族の城や館が築かれた。
 上生井と下生井の境付近の旧思川右岸の自然堤防上に、「小谷城」(こやじょう)があったが、現在は石碑が建っている。

西側からみたようす・・・堀と土塁の跡か?

一般県道南小林松原線沿いのわずかに残る城跡に建つ神社と石碑