網 戸 城

 鎌倉時代、下野国の守護として、幕府の有力御家人であった小山一族の繁栄とともに、学区内にも思川沿いの地形を利用して、一族の城や館が築かれた。
 低地で水田が発達していた思川の西側では、思川右岸の自然堤防上に、結城氏から分かれた網戸氏の居城として「網戸城」があった。現在地に移転する前の網戸小学校の敷地付近と推定されているが、大部分は、明治時代末からの思川の堤防工事により消滅した。