大塚山古墳

昭和52年に発掘調査。 幅約6mの周湟をもつ径約30m、高さ3〜4mの円墳で、内部主体は検出されなかったが、出土した土師器から5世紀末の築造と考えられる。