<小山市立博物館写真撮影協力・掲載許可>

雷電神社古墳

 昭和55年に発掘調査。墳形は不明だが、方墳の可能性もある。 群馬・埼玉の利根川流域の古墳に見られる浮石質紡錘状角閃石安山岩を用いた半地下式の両袖型横穴式石室が検出されている。石室の構造的特徴から古墳時代終末期の築造と考えられる。なお、この石室は、現在、市立博物館内に復元展示されている。